スポンサーサイト

Posted by シェリーいすちゃん on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎの詩

Posted by シェリーいすちゃん on 23.2012 0 comments 0 trackback


     ぴん ぴん ぴん

     ウサギ屋のあつかう集音器は高性能でやんす

     ぐりいん・ぐりいん・ぐりいん

     草村に出かけて知り合いから二つほど仕入れてまいりやしょう


( そんな注文した覚えもないのに…

フシギ横丁の楽器店。

水いろメガネに、まっ赤なスニーカー。ソウルなしゃがれ声。

店主の黒うさぎはそう言うと、

くるくる眼で、裏口からトランポリンみたいに跳ねていった。


とぶとぶ葉波にとばされて

ぽんぽんシッポもみどりにゆれゆれる

さらに さらさら流れゆく

草村とおく道をさがしゆく

感性のふかき器をもとめゆく


     *


いたってへいわな、いつもとかわらぬ、

かわいた、しゅうまつ。

いつものように、いくつかの、いくたびかの、

しめった、しのけんきゅうかい。


嵐の夜のように、心のなかは渦巻いていた。

外に向け、批判のための批判をくりかえす人々。

内に向け、馴れ合い。非建設的な...

群れ意識、の負。

どんよりと黄ばんだ吐き気がし、外の空気を吸いに表へでた。

  Nobody cares.

気分はもどったが、中にはもどらなかった。


ざーっと 雨足60度

ビニールな透明さがかすむ

あらいながされたい

ざーっと 雨音360度

紫陽花のうたも今はきこえない

コンクリートの群れ


15分、雨のなかをユラユラと通りをあてもなく歩いた。

( 見覚えのある、あれは…


さんかく屋根。よーろっぱ風の駅舎に、折りたたまれてゆく。

くろ、あお、おれんじ、れもん、きみどり、

しきさいのアンブレラ。

駅前のロータリーには、雨粒におじぎする花時計。

ぴんく、あか、きいろ、むらさき、しろ、

いろどりのパンジー。


ひとみは かがやく雨のパレット

あわく やわらかく いろを作って

ガラスの馬にのろう

涙のみずたまりを ジャンプ!

わたしの 虹のブリッジ


駅から南にまっすぐのびる、片側2車線の大通り。

樹齢50年をこえるソメイヨシノに、

葉が、あおあおと繁る。

さくら並木をあるき、カウント 1,2,3,4、そして、

5本め。緑のしましま屋根に、赤い文字。

‘ぐりむくりいむ’

ちいさな、おしゃれな、老舗カフェ。

持ち込みOK。

人気のカフェラテ、1杯380円。


メルヘンチックなお味はいかが

ぐりむくりいむ

ガラスの靴さがしてる貴女には

とくべつ仕立てのパンプキンパイ

12時までならサービス価格


メルヘンチックなお味はいかが

ぐりむくりいむ

白雪の美しさにキスしたい貴方なら

ウインナコーヒーをお出ししましょう

こびとのクッキー7つを添えて


メルヘンチックなお味はいかが

ぐりむくりいむ

フシギの国でまいごの貴女には

キャロットケーキがおすめめです

ものしりウサギがお相手します


「ちゃいろい弁当だろ?」

そういいながら勝手にべんとうばこの蓋をあける奴がいる。

のこりものの煮ものの、卵とじ。

「卵に抱かれる、ちゃいろ。あながち、間違いではないな。」

そういうと、カフェラテにくちをつけはじめる。

( あ、ひとの飲みものを勝手に…


ベレー帽の白うさぎ、となりの席でコーヒーをすする。

( おい、嘘だろ…

おどろいて店内を見回すと、

いつのまにか人間ではない色合いでひしめいている。


、、、からし(ポロシャツの狐)、、、きん(タンクトップの鶴)

みずたま(サマードレスの羊)、、、くろ(ランニングシャツの鯛)、、、

、、、あいいろ(浴衣のペンギン)、、、しろ(ワイシャツの狸)

もすぐりいん(Tシャツの犬)、、、すみれ(ブラウスの猫)、、、


「コーヒー、美味であった。ま、そんな顔をするな。

 ふむ、ふむ、、、ふむ、、

 わしが診たところ、君は心の聴覚を病んでおるようだな。

 どんよりとした黄ばんだ嘔吐感、それが特徴でな。

 せまい了見の奴らとばかりといると心が堅くなり陥る症状だ。」


( どんよりと黄ばんだ吐き気…


「ごちそうしてくれたお礼に、フシギ横丁を案内しよう。

 従兄弟のやっている楽器店があるんだが、彼にこのベレー帽を渡しなさい。

 君に必要なものを手に入れてくれるはずだ。」


( 楽器店で、ひつようなものなんて別に…


テーブルのうえ赤い水キャンドルのともしびに町があります

たのしそうにゆきかうたくさんの足音が石畳にひびきます

街灯に吊りさげられた鉢からは蝶々のような愛らしい花があふれています


トロピカンフルーツのあまい匂い

水着をきたおすましマネキン

軒下のバスケットには百均の食器

棚作り名人の薬屋

コロッケをあげるジュージューという音

写真スタジオにかざられた家族写真

楽器店に出入りする黒い革ジャンたち


「おお、フシギ横丁の『ウサギ屋』。そこが従兄弟のやっている楽器店だ。

 ベレー帽は従兄弟からの借りものでな。くれぐれもヨロシク伝えてくれ。」


頬をふくらまし、

口をすぼめ、

髭をぴくつかせ、

ふっ!


白うさぎが、

キャンドルの火を吹き消し。

停電のような…


いきなり投げ込まれた。

つゆの晴れまの陽ざし、

きらきらレンズ。

みあげる、視線のさき...。


『ウサギ屋』

オーク材の看板は古びて、

老舗の風格。


ハッとして、白うさぎの姿をさがす。

ベレー帽だけが…。


     *


     ぴん ぴん ぴん

     ウサギ屋のあつかう集音器は高性能でやんす

     ぐりいん・ぐりいん・ぐりいん

     草村に出かけて知り合いから二つほど仕入れてまいりやしょう


京の町家のような、うなぎの寝床。

楽器店は間口はせまいが、うねうねと。

とちゅうの中庭。

空がみずいろを描き、アジサイがきらめく。


うなぎウキウキぶぎうぎバンド

うなぎのねどこステージにON

うなぎパイよるのおかし&くろビール


寝床のいちばん奥は、ステージらしき造り。

まいしゅう月曜には、ぶぎうぎバンド演奏も。

いつか聴いてみたい気がした。

( うなぎが演奏してたりして、アハハ、まさかね…

壁のポスターには、革ジャン姿のうなぎたち。

Why not?


入り口ちかくのカウンター。

オークの天板は、

飴色を自慢している。

( そうだとも、気合なんだ…

指でちいさな傷跡をなぞり、

ほおづえ。

本職のかわりにならない、

ぶっちょうづらの店番。

( やっぱり、なりゆきか…

定型詩の生活に、とつぜんの自由律。


さいしょのお客は、ギターかかえた森村のしまりす。

「絃がすぐ切れちゃって、ざまあないさね。」


   きみが怒りにふくみける もろはの剣の刃こぼれ

   真紅のリストを切らずに ぎりぎり刻む


つぎのお客は、太鼓をかかえた海村のイソギンチャク。

「この太鼓もってるだけで、大海にでれんやろか。」


   よわそうでつよい 太鼓の面の皮

   つよそうでよわい 困ったときの太鼓頼み


( おもったより繁盛だな…


檸檬いろ淡き紅茶のポットに

赤く艶々はちきれ潤む

サクランボを銀皿にそえ

われは辛酸なめきし舌のうえにて

ももいろうすき午睡をまどろむ


用意されていたポットとカップ2客を冬から夏へとうつし、

アールグレイの茶葉をいれ、熱湯を注ぐ。

ごていねいに、砂時計まで。

( う~ん、この芳香…

店主の黒うさぎからの、心づくしである。

( しかし、なぜにカップは2客なのか…


「君、5分の遅刻だ。」

目のまえには、ダンディーな三毛猫の紳士。

銀製のふるめかしい懐中時計の針は、3時5分。

「黒うさぎが不在なら、かわりに君が相手をしたまえ。」

目のまえには、ケイタイ用の碁盤と碁石箱。

フェンシングの選手が剣道の竹刀をかまえているような...。

「我輩はチェス、ときめてかかる理由はなにかね。

 ステレオタイプというものだよ、それは、君。

 伝統には、おもんじられるべき時間の醸造がある。

 それは決してステレオタイプの踏襲では育まれえないし、

 君のような狭量な考え方では、ビートルズやハリーポッター

 といった未来のたまごは産み落とされない。

 そんなだから、黒うさぎは君のために草村まででかけたのだよ。」


感性のふかき器をもとめゆく

草村ひそかに隠しもつ

感性のふかき器はいづこにありや


     ぴん ぴん ぴん

     ウサギ屋のあつかう集音器は高性能でやんす

     ぐりいん・ぐりいん・ぐりいん

     草村に出かけて知り合いから二つほど仕入れてまいりやしょう


水いろメガネに、まっ赤なスニーカー。ソウルなしゃがれ声。

トランポリンみたいに跳ねていく黒うさぎの、うしろ姿が目にうかんだ。

( 音が...? いや、気のせいか…


お茶の時間が過ぎると、また客波がよせはじめた。

毛色の変わった、お客たち。

入り口のかわいい銀の鈴が、ちりり~と美しいソプラノをふるわす。


銀の鈴のソプラノはひとりだけれど

その歌の連れのにぎやかさ

さくらの木は花すぎてのち葉をしげらせ

わさわさと元気がいい

商いの留守番に身をほうりこみたる我の楽しさ


つぎのお客は、ネジをせおった空村の鴨。

「ネジのぬけたピアノの弾き手求む!の‘闇なべジャズ・バー’は此処かしらん?」


   鴨がネギしょって 鴨なべへ

   鴨がネジしょって 闇なべへ


つぎのお客は、オペラのポスターをかかえた田んぼ村の鷺。

「お店に貼らせてもらえませんか?『まことしやかな鏡』っていうオペラです。」


   まことの我はいづこにありや

   鏡のなかをたづねゆく


( 日が暮れたな…

店のシャッターを閉め、店内のそうじをはじめた。

埃をかぶっている箇所はどこにもなく、

店主の黒うさぎの几帳面さがうかがえた。

言われたとおり、

( 言われたとおりにする、理由…

合鍵をつかって表と裏の戸締りをガチャガチャとした。


フシギ横丁をぬけた途端、霧の通り――――

うすオレンジいろ街灯のもと。

ゆれる人影。

ゆ~らゆ~らゆ~ら。

さまざまな音が、波間をただよう。


     ぴん ぴん ぴん

     ウサギ屋のあつかう集音器は高性能でやんす

     ぐりいん・ぐりいん・ぐりいん

     草村に出かけて知り合いから二つほど仕入れてまいりやしょう


ぼかし絵のような通りのベンチに身をあずけ

我が胸のうちに響くは未だ聴かざる熱き音なり


なにゆえに園生の訪ね人のわれに厳しく

あまやかなる花の蕾を砕かんとするぞ。

ま近き花崗の山に緑の輝きて

人の卑しきこころを見下すか

われを痛めんとする鉈は園生をねり歩き

もがきの悲鳴は胸をひきちぎる


疎みしものからの呪縛をたちきれ!

広き大地に途惑いもなく根をはれ!


霧は晴れ、星は降る。

われは心にふかく磨きし音色をもち

紫陽花のころ

蒼穹に「未来」のしらべを奏でたり


( どこへ消えたのだろう…

つぎの日、楽器店に出かけたが、フシギ横丁ごと忽然ときえていた。

何の変哲もない、野原がひろがるばかりで。


     ぴん ぴん ぴん

     ウサギ屋のあつかう集音器は高性能でやんす

     ぐりいん・ぐりいん・ぐりいん

     草村に出かけて知り合いから二つほど仕入れてまいりやしょう


シャツの胸ポケットのふくらみは、返すつもりの合鍵。

とりだしてみると、てのひらで輝くオレンジ棒。

生のミニ・キャロット。

キツネのはっぱ、ウサギのにんじん。

( さて、どうしたものか…

ぴょん、ぴょん、いつのまにか。

黒うさぎが水色の目で、てのひらを見あげている。

肢さきの赤毛が、ふさふさで。

( 水いろのメガネ、まっ赤なスニーカー…

そっと、てのひらを近づけると。

ぽり、ぽり、ミニ・キャロットをおいしそうに食む。

食べおわると、ぴょん、ぴょん。

址には、草の匂いと。風の音...


     ぴん ぴん ぴん

     お客さん これでよく感じとれるでやしょう

     ぐりいん・ぐりいん・ぐりいん

     お代は お客さんの「うさぎの詩」でけっこうてやんす






スポンサーサイト
Category :

あじさい

Posted by シェリーいすちゃん on 23.2012 2 comments 0 trackback



やるせなくて、

やるせなくて。。


きのうの牙が、

がりがりと水晶体をえぐる。

うす紫いろのガラス窓。

顔のない言葉たちが、庭をさ迷っている。


やるせなくて、

やるせなくて。。


みせかけの太陽が、わらう。

やさしさが砕けちり、ぱらぱらと落ち。

涙のうけ皿は、

ちいさな肩をよせあう片。

六月のしとしと雨に、あじさいの花。






Category :

合歓

Posted by シェリーいすちゃん on 10.2012 2 comments 0 trackback

園生の一隅に 花のメルヘン画

さよさよと誘う うすべにの羽ばたき

ふれなばとびゆかん

踏みいれて後ずさる われを誘う

ねむりの木の詩

うつつに夢をひらきて いまわれに何をかつげん


  *


わがこころは 雲のなかをさ迷う粒一つ 

降りてはのぼり昇りてはおり

雷鳴のとどろきに 身もなく激震す


氷点下の空にゐて

わがこころは やがて孤独の塊となり

みだれみだれて落下せり


おとが鳴る鳴る こえが泣く泣く

ばらばらと 地上の轟音となり

天使の羽が 堕ちてゆく

こらえきれずに

握りしめたる わがこころの拳


  *


仄かなる 地上絵のゆらめき

合歓の木のうえに淡い灯りがあふれ居り

――――なんの戯れであろうか

訝しみ降下せり


やわらかな 合歓のほほえみ

わが孤独の塊はなおも固く氷ったままゐて

葉がわさわさとおじぎするも

達磨のかたくなさ


「とけるであろうか」と われ問えば

「目をひらきましょう」と 応える合歓


風にそよぐそよぐ樹冠 花の灯り

なぜであろうか

堕ちた天使の羽のかがやきて

園生のメルヘン画に目もさめる想いして








Category :

銀の夜

Posted by シェリーいすちゃん on 06.2012 0 comments 0 trackback


やわらかな、しかし切ない笑みを浮かべ、

エアリスは、

泥の海に、人形のように虚しく漂っていた。

瞳が、キラキラ砕け散ったように見えたのは…、

潮が ざざざざ、ざざざ、ざざ、

干潟が、あちらこちらで光る。

涙が蒸発して、かなしみが凝固する。

ころころ転がってゆく。

おもしろがる海鳥。ちどりあし。

      2           6
   1      3     5   7 ‥
              4

あとを追い、こともなげに ・・

ながい嘴で啄ばんでゆく。


   だれかの

   かなしみ

   だれかの

   あじわい


エアリスは泥から上半身を起こすと、じっと考え込んでいた。

もうずっと続いていた――――善良なるひつじの群れ。

人生をダイナミックな躍動がリズムする、それとは真逆な澱み。

そこに居心地の良さを感じる、

エアリス自身、そうした群れの従順なる構成要因であろうとした。

だが、努力は報われず・・アイデンティテーは崩壊。

やがて、エアリスは自己否定の泥。


「あの子の細っちょい体にぐるぐる羊毛をまきつけて飾りたてたって、

 メェーとも啼かないんだもの。がっかりだわよ。

 上流階級のきどったやりかたで草を食べろっていうんじゃないのよ。

 メェーは、わたしたちひつじの基本でしょ。

 ひつじ、はかくあるべしっていうものを無視しているんだわ。

 おねえさまの力量をもってしても、なんともならなくってよ。」


エアリスに宿る精神性が断固としてそれを許さなかった。

血、に潜む原始性。宇宙の彼方で注入されたエキス。

それを押さえ込もうとすればするほど、

血が暴れ、その葛藤にエアリスのこころは泥の海にしずむのである。

そして、これが意味すること・・・


夜の谷の到来――――

こういうとき、運命の女神は決して看過することはない。

エアリスを泥の海から摘みあげ、さらなる不幸・・夜の谷へ。


寄せる、

寄せる、寄せる、

寄せる、

銀いろのさざ波。


さまざまな悲嘆や失意が、岸にぶつかり、

美しく、美しく、あまたの詩をうたう。

月が、この谷を渡るわずかな時間の フ シ ギ

きえようとする月に引っぱられ、

切り取られた時間の歪みに生じた こころの澱みを、

どどどどどどど 夜の谷は一気に押し流して、

銀河の本流に合流させるのである。

ひとたび夜の谷に入り込めば、

運命の次のサイクルが、歯止めなく回り始める。


   あかきいばらを

   おのがてで きりひらけ

   うんめいの

   おさなごたちよ



夜の谷からの、ながい帰り道。

幾千万の黄ばんだ目。

ちっぽけな獲物を狙って――


幾たびとなく通ったみち。 だが、もはや… 子どもではない。 

夜の谷の詩がエアリスを成長させたのだ。

すらっと伸びた しなやかな肢体。 ふくらんだ胸の ういういしさ。

青い果実。

だが餓鬼どもの黄ばんだ目には、熟した果肉となり。


   さわさわと

   くろいもりをさま よ う、

   みつからない

   パステル・カラー


エアリスは、追われ逃げ惑った。

走れ、うさぎ!

走れ、うさぎ!

ちいさき心臓は耐えかねて。

心拍数上昇/過呼吸/耳鳴り/眩暈、


ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、
ドク、ドク、ドク、ドク、


 「逃がすまいぞ!」


ドク、ドク、
ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、
ドク、ドク、


      「獲物だ!」


ドク、ドク、ドク、ドク、
ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、


   「喰わせてくれ!」


ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、
ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、
ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、



      「うまいぞ!」


ドク、ドク、ドク、
ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、



いつのまにか…

黒い森に迷い込んでいた。抜けられぬ迷路のようで。

ハリエンジュの鋭い棘に、白いブラウスが引き破られる。

血の色で染まってゆく、ボロ布。


躓く、転ぶ、倒れ込む、


彼女の肉体は、不老。儒艮の肉。

それゆえにエアリスは襲われた、


容赦のない牙が

やわらかな胸に突き刺さる。頸部はくいちぎられ、頭部は支えを失い。

腹部の臓器はもはや形をとどめてはいない、

血飛沫の海で。

エアリスの肉体は無残に喰いちぎられ、

やがて、一片残らず・・


   うっすらと

   もりがまぶたをあける

   そらは

   どこだろう


ふしぎと痛みは微塵も感じなかった。

消滅した肉体。

魂の目が、樹冠のうえ、広がる空の切片を捉える。



     ソナー
言葉は水中聴音機、――沈黙が生まれては、また始まる

想念からくりだされる言葉だけで、

いまも、彼女はにこやかに人間を続けている。

いや、人間であって・・人間ではない、

こんなエネルギーの吸収、変換、ストック・・

しかしそれでもまだ、彼女がこの世に生きている意味・・。

「わたしの、おしごとだから。」

(幾何学的な――それとも非幾何学的な?・・)

儚げな意思がおくる、やわらげな声。


   ときはなたれた

   かんかく

   ‘いきている’

   という わたし


そよ風にゆれるスイートピー。

イメージとしての微笑みは、ホログラムのようで。

どこに咲くのだろう。

運命の女神がわらう。「おまえの肉体は普通の者には耐える精神力はない。いまごろ

あの者たちは真の不老の意味を知って愕然としていることだろう。」


   ぬぎすてた

   おしきせの

   死

   なんとかなれ

   なんと――か・・なれ・・・







Category :

プロフィール

シェリーいすちゃん

Author:シェリーいすちゃん
シェリーいすちゃん こと いずちゃん と申します♪
ネット『詩誌AVENUE【アヴェニュー】』の編集をしています。AVENUEでは「感性豊かな社会」を目指し、さまざまなジャンルとのコラボ詩発表・詩人の作品紹介・いろいろな分野でご活躍中の方の雑記掲載をしています。
ウサギのお茶会♪ では感想詩で皆さんの作品紹介をしてゆきますので、よろしくヨロシクです^^

シェリーちゃん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Copyright © ウサギのお茶会♪ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。